メッキが剥げた「白鵬」は根暗な「朝青龍」!

スポーツ週刊新潮 2015年4月2日号掲載

 34回目の優勝を果たし、前人未到の荒野を1人行く横綱・白鵬(30)。だが、その荒野に響く相撲ファンの声援は徐々に、しかし確実に小さくなっている。ついには、彼の姿が“ある人物”と重なるとの声が上がり始めた。そう、「悪童」と呼ばれた元横綱・朝青龍だ。

 ***

 重苦しい25秒間だった。

 3月22日に千秋楽を迎えた大相撲春場所。優勝を決めた後、表彰式の場内インタビューに応じた白鵬の顔は紅潮し、額には大粒の汗が浮いていた。結びの一番、横綱・日馬富士との激しい闘いの余韻冷めやらぬ中、会場中の視線を一身に集める白鵬に異変が起こったのは、インタビューの冒頭。

...

記事全文を読む