“類は友を呼ぶ”「ロシア」「北朝鮮」蜜月

韓国・北朝鮮週刊新潮 2015年3月26日花見月増大号掲載

 法哲学者カール・シュミットは、政治の本質は“友”と“敵”の区別にあるとした。したがって、共通の敵を持つ国々の結託は、必然ということになるだろう。

 3月11日、ロシア外務省と北朝鮮国営メディアは、「2015年を両国の友好の年に」と宣言。これに先立ちロシアは、5月9日にモスクワで開かれる戦勝70周年記念式典に、金正恩第1書記を招待している。

「訪問が実現すれば、金正恩にとっては国の最高指導者に就任後、初の外遊となる見込みです」(外信部記者)

 昨年ロシアは、北朝鮮が負う110億ドル(約1・3兆円)の債務のうち100億ドルを免除し、残りの10億ドルも北朝鮮国内の事業に再投資すると発表していた。

...

記事全文を読む