県岐阜商「高橋純平投手」だけじゃない「センバツ逸材」

野球週刊新潮 2015年3月26日花見月増大号掲載

「センバツ」の呼称が定着した春の高校野球。プロ野球のスカウトが最も注目しているのは、最速152キロのストレートを投げる県立岐阜商業の高橋純平である。

「今年の選抜大会は、高橋の一人舞台になるかもしれませんね」

 と語るのは野球評論家の有本義明氏。

「初戦で当たる松商学園は長野県の名門校ですが、あの速球には手が出ないでしょう。春の大会では、打者は打ち込みが足りないので、投手が優位。1試合15、16個の三振を取るかもしれない。巨人のスカウトも、楽天ドラフト1位の安楽(智大)以上と評価しています」

...

記事全文を読む