「スカイマーク」全株売却で「西久保前社長」の懐に残ったお金

企業・業界週刊新潮 2015年3月12日号掲載

 無一文になり、尾羽打ち枯らした者、屈辱に耐えられず、自ら死を選んだ者、あるいは巧妙に資産を隠し、のうのうと生き抜いた者――。会社を破綻させたワンマン経営者の“その後”は様々だが、この人の場合はどうだろう。「スカイマーク」の西久保慎一・前社長(59)である。

 ***

 3月1日に上場廃止となった同社。1月28日に民事再生法の適用申請をしてから1カ月後の墜落劇である。その間、西久保氏は公の場から“雲隠れ”したままであったが、これを見て、

「そういう人なんですよ」

...

記事全文を読む