プンプン裁判に勝訴でも「さとう珠緒」の「共演俳優」同棲遍歴

芸能週刊新潮 2015年3月5日号掲載

 タレント・さとう珠緒(42)を旧所属事務所が訴えた“泥沼裁判”の第一審判決が2月13日、東京地裁で下され、原告の請求が棄却された。新聞各紙はこぞって“珠緒全面勝訴”と報じたが、原告である旧事務所側は「報道は事実と異なる」と“プンプン”である。

 ***

「たしかに請求は棄却されましたが、事実関係は私どもの主張がほぼ認められた内容なのです」

 と憤慨するのは、珠緒とは20年の付き合いになる芸能事務所「プチスマイル」の菊池玲子社長である。

“事実関係”とは、珠緒の母親に貸付けた約1000万円が未返済であることや、彼女が美容外科の広告宣伝契約をドタキャンして約1800万円の損害が発生したという点。

...

記事全文を読む