イラク人弁護士の証言「10人殺すと昇進するイスラム国の兵士」

国際週刊新潮 2015年2月5日号掲載

 残忍さを剥き出しにするイスラム国兵士だが、彼らが躊躇(ためら)いなく人を殺(あや)める根底にあるものは。兵士と接したイラク人弁護士が、その実態を証言した。

 ***

「果たしてこれは人間のすることか、と思いました」

 と、国際電話の向こうで興奮気味に語るのは、イラク人のアフマド氏(35)。

 バグダッド南部のムサイーブで弁護士を務めている氏だが、そこは昨夏から、イラク軍とイスラム国軍との間で激しい戦闘が行われた地域である。

「イラク軍の捕虜になった、若いイスラム国の兵士の尋問に立ち会ったのです。

...

記事全文を読む