「アホの坂田」が「ブルーリボン賞」落選! 選考の大問題は「性格の悪さ」と上京交通費

芸能週刊新潮 2015年1月29日号掲載

 1950年創設の伝統ある映画賞「ブルーリボン賞」。毎年2月に授賞式が行われるが、今回の助演男優賞で勝敗を分けたカギは、演技力ではなかったという。おかげで泣きを見るのは、お笑い芸人「アホの坂田」こと坂田利夫(73)である。

 ***

 この映画賞はスポニチや日刊スポーツなど在京スポーツ紙7社の記者が加盟する「東京映画記者会」が主催。23人の記者がスポニチ本社2階の会議室に集結したのは、1月4日のことだった。

「皆が意見を言った後、無記名で投票を行います。

...

記事全文を読む