「酒鬼薔薇聖斗」事件から18年! 「少年A」の手記出版を企図した「幻冬舎」への風当たり

社会週刊新潮 2015年1月29日号掲載

 あの忌まわしい“記憶”が、あらぬ形で甦りかねない――。1997年に世間を震憾させた、神戸連続児童殺傷事件。惨劇からまもなく18年が経とうという中、「酒鬼薔薇聖斗」を名乗っていた“元少年”の手記を出版せんと画策する向きがあるというのだ。

 ***

 一連の事件は、97年2~5月に発生。神戸市須磨区で小学生が相次いで襲われ、2人が死亡、3人が重軽傷を負った。同年6月下旬、通称「タンク山」で土師(はせ)淳君(享年11)を殺害した容疑で、区内の中学3年生だった14歳少年が逮捕され、全貌が明らかになっていく。

...

記事全文を読む