最期を看取った“養女”に「高倉健」が遺した土地8億円の遺産目録

芸能週刊新潮 2015年1月29日号掲載

「喧嘩をすれば弁護士の食いもの。病気をすれば医者の食いもの。死ねば坊主の食いもの」と作家・里見とんは語っている。もっとも、映画俳優・高倉健(享年83)の場合、この言は当たらない。喧嘩はともかく、昨年11月、悪性リンパ腫で入院中の慶応病院で亡くなった名優の遺産は、土地だけで8億円超。そして、このすべては最期を看取った“養女”が相続することになる。では、その目録とは――。

 ***

 今から十数年前のことである。“身の回りの世話をしてくれる人”を探していた健さんは、養女を紹介された。

...

記事全文を読む