ふとんクリーン「レイコップ」vs.「ダイソン」の行方

企業・業界週刊新潮 2015年1月22日号掲載

 テレビや家電量販店で目にしたことがあるだろう。韓国の医師リ・ソンジン氏開発のふとん専用クリーナー「レイコップ」。紫外線(UV)照射の“光クリーン”、毎分4000回の振動パッドでダストをたたき出す“たたき”と“吸引”で、ダニなどのハウスダストを90%以上除去するのが売りで、

「日本での本格販売は2012年2月からですが、昨年8月までに国内で累計販売200万台を突破。世界24カ国で販売しています」(レイコップ・ジャパン)

 という大ヒット商品だ。

 だが、“UV”や“たたき”は効かないと、その効果を疑問視する声も多い。

...

記事全文を読む