意外と論理的だった「デーブ大久保」楽天監督の「血流理論」

野球週刊新潮 2015年1月1・8日新年特大号掲載

 西武コーチ時代の2008年に女性への傷害容疑で書類送検され、10年には菊池雄星投手への暴行が発覚して解雇――すっかり“暴力指導者”のイメージがついてしまった“デーブ”こと大久保博元・楽天監督(47)だが、意外や意外、その指導理論は大学教授仕込みだった。

 ***

 デーブ監督ご当人が語る。

「先生との出会いは3年ほど前。紹介してくれたのは、茨城県人会の後輩でプロゴルファーの横田真一。10年、彼が13年ぶりにツアー優勝した際、ある先生の元で自律神経の勉強をした成果だ、と教えてくれたんです」

...

記事全文を読む