夫が借金裁判に負けたから「南野陽子」の自宅に「差押え執行官」

芸能週刊新潮 2015年1月1・8日新年特大号掲載

 前触れもなく、妻が失踪する。残された夫は始めこそ世間の同情を集めるが、そのうちに裏の顔が次々と暴かれ――。先ごろ公開された映画『ゴーン・ガール』はそんなストーリーだが、この人の場合、結婚から4年近くが経過し、「セレブ」という仮面はすっかり剥がれてしまった。南野陽子(47)の夫、亀岡靖史氏(43)=仮名=。彼が抱える金銭トラブルの余波は、ついに夫婦が暮らす自宅マンションにも及び始め……。

 ***

 南野が亀岡氏と結婚したのは、2011年3月。会見に臨んだ彼女は1000万円を軽く超えると思しきハリー・ウィンストンの婚約指輪を披露し、“セレブ婚”と騒がれたが、夫の経歴に「?」が付くまでに時間はかからなかった。

...

記事全文を読む