「向こう側」を追究した西洋哲学の偉人たち/『ヨーロッパ思想を読み解く:何が近代科学を生んだか』

国際

 東アジア思想を専門にする著者が、なぜ西洋哲学の入門書を? と思いながら読み始めると、すぐにその答えが書かれていた。「非西洋の哲学や思想を見てきた私には、西洋哲学の特異性がはっきり見えてくる部分もある」。西洋哲学の名著を読んで挫折するのは、頭が悪いのではなく、日本とは違う西洋の思考になじみがないからだとの言葉は勇気を与えてくれる。

 そのキーワードとなるのが「向こう側」である。本書によると「向こう側」とは、プラトンが「イデア」と呼んだ「物事の真の姿」、つまり「本質」であり、我々が五感では感じ得ない見えない世界である。

...

記事全文を読む