「科学の眼」で世界を見る/『科学の罠 美と快楽と誘惑』

IT・科学

 科学は一〇〇%ではない。相対性理論だって九九・九%正しいとしか言いようがない。常に反証される可能性があるのが科学だからだ。そんな「科学とは何か、科学の考え方とはどういうものか」をわかりやすく解説したのが本書である。読み進めると、誰もがあの“STAP細胞騒動”を思い浮かべてしまうだろう。

 科学は「HOW」と「WHY」で問われる疑問に答えるもので、「WHAT」に答えるものではないと著者は言う。つまり、定義によって変わりうる「それは何か」は科学の扱うものではないのである。

...

記事全文を読む