外見はそっくり性質は真逆の理由/『あなたはボノボ、それともチンパンジー?』

IT・科学

 文字の理解や食べ物の交換など「賢いサル」「最も人間に近いサル」として知られるボノボが、チンパンジーの亜種ではなく、新種の類人猿として「発見」されたのは二十世紀も二〇年代に入ってからのこと。新種発見といえば深海生物や小昆虫のできごとくらいに思われていたのに、大型哺乳動物が新発見されたのだから、当時大騒ぎになったらしい。

 ボノボは外見上ほとんどチンパンジーと区別できず、系統樹的にも最も近縁だ。互いに分岐したのが百万年前で、両者の共通祖先とヒトとが分かれたのが七百万年前。

...

記事全文を読む