北の海のアイドルは今 被災地で出会った奇跡

アート

「北の海のアイドル」といっても、「あまちゃん」のことではありません。ダイバーたちの間で絶大な人気を誇る小さな魚、ダンゴウオのこと。

■海底の瓦礫の中に残った命

 震災、津波から3年の月日がたちました。震災直後に岩手県宮古市の海に潜って、海の底から津波の被害を撮影したカメラマンがいます。

 水中写真家・鍵井靖章さん。彼が震災直後の海に潜ったとき、魚の姿はほとんど絶えて、流されてきた瓦礫ばかり目についたといいます。そんな暗い海のなかで、唯一出会えた魚が、ダンゴウオでした。

...

記事全文を読む