歴代最高得点の羽生結弦・奇跡的な帰還を果たした「はやぶさ」共通する成功のワケとは

社会

 2月14日ソチ冬季オリンピックにおいて羽生結弦選手がフィギュアスケート男子競技で日本に初の金メダルをもたらしました。19歳の新星が見事世界の強豪を抑え世界一となりましたが、圧巻だったのがショートプログラム。歴代最高得点の101.45点を出し圧倒的な強さをみせつけてくれました。

 フィギュアスケートの得点は、「技術点」と「演技構成点」の合計で争われ、技の難易度によって点数が上積みされていきます。羽生選手が歴代最高得点を出せたのは、失敗を恐れずハイリスクな技に挑戦し、見事成し遂げたからだったというわけです。

...

記事全文を読む