自死者の「孤独」に寄り添う/『自殺』

社会

 ストレートで強烈なタイトルだ。しかし、著者が7歳のとき、母が隣家の7、8歳年下の青年と「ダイナマイト心中」を遂げたという苛烈な体験を持つことを知れば、この書名こそ本書に相応しいとも思える。「自殺する人はみんな孤独です。孤独に、ひっそり死んでいくのです」という著者は、自殺について倫理的な善悪の判断を下そうとはしない。道学者風の説教を垂れるわけでも、社会学的な分析を行うわけでもない。そういう評論家的な位置からではなく、自らの人生経験を語るなかで、かれらの「孤独」に寄り添っていこうとする。

...

記事全文を読む