佐村河内問題 なぜ今、新垣氏は真実を明らかにしたのか?

社会

「現代のベートーヴェン」「全聾の天才作曲家」としてもてはやされ、NHKスペシャルでも大絶賛されていた佐村河内守氏。だが実は18年間にわたり、桐朋学園大学の講師である新垣隆氏にゴーストライターを依頼していたことが明らかになり、衝撃が走っている。

 新垣氏の会見では、佐村河内氏の耳は聞こえていたことや楽譜が書けないことなど、とんでもない事実が暴露された。しかしどうしてこのタイミングでこの事実を明らかにしたのか、という疑問を誰もが持ったことだろう。新垣氏はソチオリンピックで高橋大輔さんが佐村河内氏による作曲とされていた『ヴァイオリンのためのソナチネ』を演技で使用してしまうことを挙げ、「偽りの曲で演技したではないかと、世界中から日本に非難が殺到するかもしれません」と会見を開くことを決めたと語った。

...

記事全文を読む