グーグル社員も「いらない」 さんざんな出来だったアンドロイド1号機

IT・科学

 NTTドコモがiPhoneの販売に踏み切ったことで、再ブームに沸く日本とはうらはらに、世界的に見れば、グーグルのアンドロイドを搭載した端末が圧倒的なシェアを誇っている。

 米調査会社IDCの発表によれば、2013年第3四半期(7月~9月)に世界で出荷されたスマートフォン2億6110万台のうち、なんと81%がアンドロイド端末だったという。アップルのiOS端末の12.9%と比べれば、その差は歴然だ。

 しかし、そんなアンドロイドも1号機が発売されたときは、さんざんな評価だった。

...

記事全文を読む