人生に裏打ちされた切実な表現/『生きていく絵』

アート

 東京都内の精神科病院で安彦講平氏を中心として長年、開かれてきた〈造形教室〉に集まる人たちとその作品を通して、表現することの意味を問いかける。

 著者は近現代文学の研究者で、美術は畑違いの分野ともいえるが、ある日、地元の図書館に立ち寄ったときに出会った一枚の絵の前で、筋肉が固まり身動きが取れなくなったという。〈苦しみを凝視し、さらけだすことを宣言〉する絵の重みに衝撃を受け、「強迫性障害」をもつその絵の作者との会話をきっかけとして、安彦氏の〈造形教室〉に通うようになる。

...

記事全文を読む