今年最良の1冊「BOOK OF THE YEAR 2013」ランキング第1位、話題の「十二国記」って?

文芸・マンガ

 12月6日発売の「ダ・ヴィンチ1月号」(KADOKAWA メディアファクトリー)で「記憶に残った今年最良の1冊 BOOK OF THE YEAR 2013」のランキングが発表されました。
 小説ランキング部門で1位を受賞したのは小野不由美さんの『丕緒(ひしょ)の鳥  十二国記』(新潮文庫)でした。『丕緒の鳥』は「十二国記」シリーズ12年ぶりとなる新作で、待ちわびた読者の大きな期待に応えての受賞です。
 初版30万部で刊行され話題を呼んだ、村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)を抑えての受賞にも驚きです。

...

記事全文を読む