ミッションは「どん底をトップに」/『ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ』 【書評】

企業・業界

「片道切符だよ」と、当時のソニーの実力社長・出井伸之さんから“出向”を告げられたとき、野副正行さんは、テレビドラマの主人公のように出井さんを睨みつけたりはしなかった。しかし、腹の中では「アイタタタタ、これは大変なことになった」と感じていたという。それも当然、“出向先”のソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)は、ハリウッドの大手映画会社(スタジオ)六社の中で業績最下位、どん底に喘いでいたからだ。

 ソニーがコロンビア・ピクチャーズを買収したのは一九八九年のこと。

...

記事全文を読む