デイリー新潮

エンタメ

使用済マタニティマーク出品も 真偽不明の「妊娠菌」ビジネス

現在発売中

週刊新潮 2017年4月6日号 
2017/3/30発売

ネット書店で購入する

 ピコ太郎のPPAPはご存知という向きも、「赤富士」や「妊娠菌」には首を傾げるのではないか。実は、こちらも歴(れっき)とした流行語。ただし、不妊に悩む女性たちの間だけで爆発的に広まった「奇習」なのだ。

 ***
 
 2度の流産を乗り越えて男児を出産した、森三中・大島美幸は著書にこう記している。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年2月9日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事