デイリー新潮

社会

20年前の殺人事件の遺体発掘はじまる 「週刊新潮」報道がきっかけ

 警視庁と神奈川県警は19日、神奈川県・伊勢原の山中で遺体発掘捜査を開始する。殺害され、遺体が遺棄されたと見られているのは、1996年8月から行方不明となっていた不動産業者の津川静夫さん(失踪時60歳)である。

 失踪当時、警察は夫人の捜索願に基づき捜索を行ったが、津川さんの行方をつかむことができなかった。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事