デイリー新潮

社会

いじめ自殺を考えた藻谷浩介さん「俺が死んで、あいつらを反省させてやる」

■学力神話のウソ(2)

2016年の「全国学力・学習状況調査」の結果が9月29日に発表され、全国の教育関係者の注目を集めている。しかし、ベストセラー『里山資本主義』の著者で、地域再生の専門家の藻谷浩介さんは、「学力テストの点数に意味はない」と断言する。

「昨年まで秋田県は小学生の学力テストの結果が9年連続で1位でしたが、それでどんな良いことがあったでしょうか? 出生率が特に低く、1村を除いて県内の全自治体が消滅可能性都市に指定され、自殺率も全国でもっとも高い県の1つです。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事