デイリー新潮

国内

自民・茂木政調会長、スケベを見抜かれ番記者に女性が増加

現在発売中

  • 勝手に出家「清水富美加」が不幸にした人 「幸福の科学」信者1200万人なのになぜ落選?
  • 「わずか5カ月で偏差値70突破!一流中学を総ナメにした「芦田愛菜」のNN勉強法
  • 「石原慎太郎」独占インタビュー70分!「小池百合子は総理の器にあらず」

週刊新潮 2017年2月23日号 
2017/2/16発売

ネット書店で購入する

 先月、新執行部が発足した自民党。「党四役」のうち、4年ぶりの再登板となったのが茂木敏充政調会長(60)である。ご多分に洩れず、担当記者らは四六時中、重職の動静に密着しているわけだが、そこには何故か、女性の姿が目立つという。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年9月29日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事