デイリー新潮

政治

「消えてなくなってほしい人」 舛添都知事、愛人に産ませた子に電話せず“養育費減額”申し立ても

現在発売中

  • 「福島瑞穂」と「今井絵理子」は正直者!「三原じゅん子」が資産0円で通る子供騙しの「国会議員」資産公開
  • 日本から1万7000キロ! 真夏の南米に記者派遣!「筑波大留学生失踪事件」国際手配されたチリ人を追え!
  • 10億円を払っても「韓国」やらずぼったくり

週刊新潮 2017年1月19日号
2017/1/12発売

ネット書店で購入する

 政治資金の流用疑惑が噴出も、自身の見解を明かすことなく、舛添要一氏(67)は都知事の椅子にしがみついている。そんな“ご立派”な物事のケジメの付け方は、過去の愛人問題からも窺い知れる。

 ***

 舛添氏の最初の結婚相手はフランス人女性で、次が片山さつき参院議員、現在の妻とは3度目の結婚であることは広く知られている。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年5月26日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事