デイリー新潮

社会

オバマ大統領の広島訪問は実現するのか 広島市民は「謝罪」を求めない

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

■ケリー国務長官の献花

 G7の外相、とりわけアメリカのジョン・ケリー国務長官が広島を訪問し、原爆資料館を見学して、慰霊碑に献花までしたことはニュースでも大々的に取り扱われている。献花の際、ケリー長官が岸田外相に原爆ドームを指さしながら「あそこまで行けないのか」と話しかけ、「歩いて2,3分です」と答えると、「じゃあ、行こう」となり、急遽、外相たちがそろってドームへ向かって歩き始めた。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2015年12月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事