デイリー新潮

芸能

【「原節子」の後半生】生糸暴落と母の頭部大火傷が美少女時代に落とした影

現在発売中

週刊新潮 2017年4月6日号 
2017/3/30発売

ネット書店で購入する

〈女学生時代には教育家になろうと考えたり、英文学をやろうと思ったり〉

 原節子は、自叙伝の中でかつて憧れた職業をそう述べている。しかし、彼女が選んだのはまったく異なる「女優」の道。背景には、秘められた家族の“事情”があった。

 ***

 原節子こと會田昌江が生まれたのは1920(大正9)年6月。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月10日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事