デイリー新潮

オピニオン

竹田圭吾さんの妻・裕子さんが手記を発表 最期の日の様子を明かす

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 2016年1月10日ジャーナリスト竹田圭吾氏が51歳の若さで亡くなった。竹田さんは2001年から2010年まで『ニューズウィーク日本版』編集長を務め、近年ではテレビ番組のコメンテーターとしても活躍した。竹田さんの妻・裕子さんが「新潮45 3月号」に手記を発表し、竹田さん最期の日々を綴ったその感動的な内容が話題となっている。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2016年3月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事