デイリー新潮

スポーツ

大凡戦「魔裟斗vs.山本KID」2つの理由を神様が解説する

現在発売中

週刊新潮 2017年3月30日号 
2017/3/23発売

ネット書店で購入する

 紅白歌合戦の裏番組として久々に、しかも2局で放送された格闘技。とりわけ6年ぶりに現役復帰した魔裟斗(36)と、「神の子」こと山本“KID”徳郁(のりふみ)(38)の対戦が注目されたが、結果は大凡戦。その隠された理由を「神の子」の父、すなわち「神様」が解説した。

 ***

 結論を先に言えば、平均視聴率はフジテレビ『RIZIN』のうち、ボブ・サップと曙の対戦などが行われた第2部が7・3%、TBS『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2015』の目玉「魔裟斗vs.山本KID徳郁」が9・0%と、いずれもヒト桁に終わった。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年1月14日迎春増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事