デイリー新潮

オピニオン

私には相撲しかない――37歳で亡くなった時天空 がん発覚から病室での断髪式までの心境を明かしていた

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 大相撲の元小結・時天空関(現・間垣親方)が1月31日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。37歳だった。彼が最後となる手記を「新潮45」2月号に寄せていた(取材・構成はライターの武田葉月氏)。「36歳、ガンで引退して」という手記では、がんの発覚から治療、病室での断髪式から引退までの心境が書かれている。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2017年1月31日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事