デイリー新潮

芸能

「ASKA」精神科病院に入院させられていた ブログ削除後に隔離

現在発売中

  • ヘイトと衆愚が理性にまさった? 地球的大混乱で誰が笑うか? まさかの英国「EU離脱」20の疑問
  • もうすぐ「あー夏休み」なのに「TUBE前田」に直撃! 覚醒剤130回分を所持! 麻取に性癖まで捜査された「高知東生」と「高島礼子」の夫婦生活

週刊新潮 2016年7月7日号 
2016/6/30発売

ネット書店で購入する

 一昨年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕、同年9月に執行猶予付きの有罪判決を下されたASKA(57)が、精神科病院に入院したと「週刊新潮」1月28日発売号が報じている。

 ***

 入院先は、JR高尾駅から車を走らせた場所にある。日中も静寂に包まれるこの施設は、閉鎖病棟を備えた「精神科病院」だ。

「入院は、周囲にもほとんど知らされていなかった。ただ、錯乱状態になったASKAが複数の知人に助けを求めたことで情報が広まってしまったのです」(音楽業界関係者)

 判決後、しばらく隠遁生活を続けていたASKAが、突如として沈黙を破ったのは今年の1月9日のことだった。自ら立ち上げたブログで、奇怪な文章を掲載したのである。

執行猶予付きの有罪判決を下されたASKA(57)

 女友達が〈集団盗聴盗撮〉に苦しんで命を絶ったと書き、

〈その集団盗聴盗撮の犯罪に気がついた私が次のターゲットになった〉

 など9万5000字に及ぶ長文で、自身を追い詰める「集団」との戦いを記していた。

 それが削除されると、新たに別のブログをスタートさせ、

〈彼たちは、私へ宣戦布告してきた〉〈3年間作り続けて来た50曲もの楽曲が、何者かの遠隔操作で、すべて削除されてしまった〉

 と綴った。ASKAが入院したのは、それからまもなくのことである。

 精神科医の片田珠美氏は、ASKAの症状をこう分析する。

「覚醒剤依存症からさらに進んだ、覚醒剤精神病の状態だと言えます。その特徴は止めどない猜疑心の拡大で、まさにASKAさんの症状そのものです」

 芸能界復帰は、絶望的か。

 ***

「週刊新潮」では、過去にASKAと共に依存症治療を行っていた元患者の証言も掲載。ASKAが語った“妄想”の内容や、再使用の可能性にも言及している。

  • 週刊新潮
  • 2016年2月4日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事