デイリー新潮

社会

TOKIO 闘病中のつんく♂を自宅ミニライブで激励していた

 昨年10月喉頭がんにより、声帯を切除した歌手で音楽プロデューサーのつんく♂さん。先日発売された闘病を綴った手記『「だから、生きる。」』(新潮社刊)のなかで、TOKIOとの交流と、彼らの義理堅く優しさ溢れる一面が窺えるエピソードを明かしている 。...

記事全文を読む

この記事の関連記事