デイリー新潮

政治

徴兵制から最も遠い「自衛隊」の真実【前編】 オキナワの海を守る「P-3C」搭乗記――杉山隆男(作家)

現在発売中

  • 「福島瑞穂」と「今井絵理子」は正直者!「三原じゅん子」が資産0円で通る子供騙しの「国会議員」資産公開
  • 日本から1万7000キロ! 真夏の南米に記者派遣!「筑波大留学生失踪事件」国際手配されたチリ人を追え!
  • 10億円を払っても「韓国」やらずぼったくり

週刊新潮 2017年1月19日号
2017/1/12発売

ネット書店で購入する

 集団的自衛権を認めたら、徴兵制が復活するとの議論が巻き起こった。だが、『兵士に聞け』の著者・杉山隆男氏は、徴兵制から最も遠い存在が自衛隊だと喝破する。外国の艦艇が行き交い、緊迫するオキナワの海で、杉山氏は最前線を守る「P-3C」に搭乗した。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事