【袴田事件】死刑執行を停止させた森山法相発言 その裏にあった巖さんと社民党議員との珍妙な会話

  • ブックマーク

 2月6日、日本プロボクシング協会の袴田巖支援委員会の呼びかけで、東京都千代田区の日比谷公園にボクサーらが集結した。1966年に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で一家4人を殺害したとして死刑が確定した袴田巖さん(86)の再審開始を求めるためだ。一方、巖さんを死刑台から救出するため、古くから政治家も尽力してきた。巖さんと姉のひで子さん(90)の再審開始を目指す戦いを綴る連載『袴田事件と世界一の姉』の30回目は、世田谷区長の保坂展人さん(67)に話を聞いた。【粟野仁雄/ジャーナリスト】...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。