【巨人・坂本勇人かみつき事件】被害女性への慰謝料は「550万円」【スクープその後】

スポーツ 野球

  • ブックマーク

坂本の誘いを断り続けると…

 宮崎市内の飲食店関係者が声を潜めて言う。

「坂本選手は毎年、キャンプ地の宮崎市内にあるキャバクラで豪遊するのを楽しみにしていました。その日もいつも通り、彼は店の個室を貸し切りにして、キャバクラ嬢を侍らせていたわけですが、そこである“事件”が起きてしまったのです」

 それは4年前、2018年2月のことだという。

「坂本選手は他のチームメート2名と来店しました。接客についたのは4人で、坂本選手だけ2人、20代、売れっ子のエリカさん(仮名)とマイさん(仮名)を指名していました。個室はカラオケ付きだったのですが、彼らは歌わず、ウイスキーのボトルを入れてお酒ばかり飲んでいた。特に、坂本選手は自ら炭酸で割って、ハイボールを作り、そのグラスをものすごいピッチで飲み干していました」(同)

 ほどなく酔いは回り、

「指名した女性たちに“今日は(ホテルに)一緒に帰ろう”と、言い寄りだした。坂本選手は自信満々の様子だったようですが、彼女たちは、そもそも野球選手にあまり興味がなく、面倒くさい客としてあしらった。一応、機嫌を損ねないようにやんわりと断り続けていたのですが、そのうちに坂本選手がふてくされてしまったそうです」(同)

 そこで坂本は驚きの行動に出たという。

「思い通りにならずむしゃくしゃしたのか、ついに坂本選手がキレだして、挙句……女性たちの肩や太ももにかみついてしまったんです。プロ野球選手だから、食いしばる力も半端ない。彼女たちは思わず悲鳴を上げた。かまれた場所は内出血して、しばらく痕(あと)が残ったほどです」(同)

 傷害事件として警察沙汰になってもおかしくない事案である。

次ページ:550万円で“手打ち”に

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[2/5ページ]