号泣SPをかばった安倍昭恵さん 弔問で友人に漏らした「私、本当に一人ぼっちに」

国内 社会

  • ブックマーク

 事件発生からはや2週間。安倍晋三元総理を一番近い場所で支え続けた昭恵夫人はこの間、何を思い、どう振る舞ってきたのか。

 ***

 あの人が亡くなった意味――。7月8日、突然の凶弾に斃(たお)れた安倍元総理(享年67)。未亡人となった昭恵夫人(60)は、葬儀が終わった後も、そのことを考え続けているという。

「家庭内野党」を自任した昭恵夫人は、居酒屋の経営や森友学園騒動などでたびたび批判の矢面に立たされてきた。ところが、今回の事件を通じて浮かび上がってきたのは、夫の死に際して気丈かつ冷静に振る舞う姿であった。

 自民党関係者が事件発生直後を振り返って言う。

「安倍元総理が撃たれた直後の午前11時半過ぎ、秘書からの電話で昭恵さんは事件を知ったそうです。秘書は晋三氏の母親である洋子さんにはまだ伝えないでほしいと言ったそうですが、昭恵さんはまさに洋子さんと昼食を取ろうとするところだった。それで慌ててテレビを消して、取るものも取りあえず新幹線に一人飛び乗ったのです」

「もうダメなんだ」

 京都駅で近鉄特急に乗り換え奈良へと向かった昭恵夫人。京都駅では、昭恵夫人の身を案じた彼女の実弟が合流し、病院には菅義偉前総理や安倍派の事務総長である西村康稔衆院議員らも駆け付けた。

「昭恵さんが安倍元総理と対面できたのは午後4時55分頃。もっとも、昭恵さんは4時半頃には病院に着いていたんです。ただ、すぐには病室に通されず、医師からまず別室に呼び入れられた。その時点で、昭恵さんたちは“もうダメなんだ”と覚悟を決めたといいます。医師の説明を受けた昭恵さんが蘇生は難しいと判断し、昭恵さんが手を握り名前を呼びかける中、5時3分に安倍元総理は息を引き取られた」(同)

次ページ:母・洋子さんの反応は…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]