なぜ既婚男性は独身女性に「なぜ結婚しないの?」と聞きたがるのか

  • ブックマーク

「じつはこれは失礼な行為である」

「厳密にはこれも失礼に当たる」

 当失礼研究所は、そんなふうに重箱の隅をつついて「失礼」を作り出すために、研究を重ねているわけではありません。

 基本の失礼は押さえつつも、自分と周囲が日々を平和に穏やかに過ごすために、失礼とどう付き合っていけばいいかを考えていく所存です。

 ***

 突然ですが、当研究所に寄せられた怒りの声をお聞きください。Aさん(女性、40代)の証言です。

「おもに年上の男性から、よく『なぜ結婚しないの?』と聞かれます。それはもう慣れました。でも、このあいだは『いやあ、したいんですけどね』と適当に流したら、続けて『したほうがいいよ。できない原因は何だと思う?』と言ってきたんです。さすがに絶句しましたね。しかも、その人バツイチなんです」

 Aさんは、心の中で「結婚に失敗したお前が、なんで独身に結婚を勧めたり、独身の理由を詰めたりしとるんじゃ、ゴルァ!」と突っ込んだとか。ごもっともです。

「なぜ結婚しないの?」という質問は、おもに既婚者男性(バツあり含む)から、30代後半以上の独身女性に向けて発せられがち(当研究所調べ)。男性が尋ねられることは、女性ほど多くありません。

 こういう話になると「結婚しない理由を聞いて、なにがいけないのか! 気にし過ぎだ!」といきり立つ人もいます。

 男女問わず、好意を抱いている相手に対して、今後の交際を視野に入れつつ、遠慮がちに「結婚なさっているんですか?」と尋ねることはあるでしょう。それはほほ笑ましいだけで、失礼でも何でもありません。

 しかし、既婚者が独身女性に「なぜ結婚しないの?」と聞くのは、話が違います。たいていは無意識にですが、優位に立った気になりたいとか、気にしてそうな部分をつついて嫌な気持ちにさせたいといった「邪悪な動機」がほとんど。聞かれた側が不愉快になるのは当然です。

「単なる好奇心だ! 既婚か未婚かで優劣をつけてはいない!」と言い張りたい人もいるでしょう。それも自分に都合がいい言い訳。

「好奇心」だとしても、プライバシーにずかずか踏み込む無神経さや、相手が不快に感じるかどうかはお構いなしで、自分の欲求を満たそうとする図々しさは、十分すぎるほど失礼です。「単なる好奇心」だからと、女性にバストのサイズを聞いていいことにはなりません。

次ページ:友人の大人なリカバリー

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]