「建設業界は3K」はもう古い? ロボットがSFのように活躍? フジタが明かすDXの現在と未来

ビジネス PR

  • ブックマーク

 建設業界といえば「3K(きつい、危険、汚い)」というイメージを持つ方も多いのではないだろうか。しかし、DX(=デジタル技術を用いたビジネスモデルの変革)の推進により、いま建設業界の働き方は大きな変化の時を迎えているという。今回、DXが可能にする「未来の建設業」について、総合建設会社である株式会社フジタに取材した。...

記事全文を読む