「殺されると思った」 京アニ事件から2年、青葉真司の近隣住民が明かす事件直前のトラブル

磯部涼 令和元年のテロリズム 国内 社会 2021年07月17日

  • ブックマーク

日本の犯罪史上最悪とも言われる放火殺傷事件

 令和元年7月18日に起きた京都アニメーション放火殺傷事件。日本の犯罪史上最悪とも言われる事件は、多くの模倣犯や陰謀論を生みながら、社会に歪な影響を与えていった。果たして犯人である青葉真司を犯行に駆り立てたものは何だったのか――。令和元年に起こった象徴的な事件を追うノンフィクション『令和元年のテロリズム』(新潮社)を刊行したライターの磯部涼氏によるルポ。連載第7回。

(磯部涼『令和元年のテロリズム』(新潮社)より抜粋)

 ***...

記事全文を読む