「伊藤健太郎」涙の独占告白 被害者への贖罪、事故現場を離れたワケと7億9千万円損害賠償を語る

エンタメ 芸能 週刊新潮 2021年5月6・13日号掲載

  • ブックマーク

「すぐにでも止まるべきだった」

 昨年10月にバイクとの接触事故を起こして以来、表舞台から姿を消していた俳優の伊藤健太郎(23)が、このたび初めてメディアの取材に応じた。被害者への贖罪の気持ち、“ひき逃げ”と糾弾された事故の真相、そして莫大な損害賠償について――。

 ***...

記事全文を読む