ハーバード大「慰安婦」論文を批判する韓国系教授のロジックは強引ではないか(後編)

国際 韓国・北朝鮮 2021年4月13日掲載

  • ブックマーク

 有馬哲夫・早稲田大学教授によるラムザイヤー論文を巡る論争の分析、前回に引き続き、ソク・ジヨン教授の批判(エッセイ)を取り上げる。以下、有馬氏の特別寄稿である。

 ***...

記事全文を読む