川崎20人殺傷事件、犯人は「一人で死ぬべき」だったのか 社会に突きつけられた「8050問題」

磯部涼 令和元年のテロリズム 国内 社会 2021年4月10日掲載

  • ブックマーク

岩崎と伯父夫婦の最期の会話は

 令和元年5月28日に起きた川崎20人殺傷事件。犯人の自殺により動機の解明が進まない中、ネット上を中心に「一人で死ね」という言葉を巡る議論が活発化した。果たして事件は犯人から我々への“メッセージ”なのか――。令和元年に起こった象徴的な事件を追うノンフィクション『令和元年のテロリズム』(新潮社)を刊行したライターの磯部涼氏によるルポ。連載第3回。

(磯部涼『令和元年のテロリズム』(新潮社)より抜粋)

※取材は令和元年8月に行われた

 ***...

記事全文を読む