“微罪”で続けて2度逮捕された埼玉在住「20代男」にマスコミが注目するワケ

国内 社会 2021年2月22日掲載

  • ブックマーク

「三郷市火災予防条例違反」。昨年11月、男が最初に逮捕された罪状である。その後、男は「消防法違反罪」で起訴され、2カ月もの間、起訴後勾留されていた。そして2月10日、「公記号偽造罪」で再逮捕された。いずれも馴染みのない罪状で、新聞ではベタ記事にすらならない事件であろう。だが、いま新聞、テレビの事件記者たちは、この男の動きに大きな関心を寄せているのである。

 ***...

記事全文を読む