「流行る=バカにされる」構造 叩かれるメジャー、賞賛されるマイナー(古市憲寿)

国内 社会 週刊新潮 2021年2月11日号掲載

  • ブックマーク

 音楽評論家の吉見佑子さんがツイッターで興味深いことを呟いていた。

 かつては、家にテレビがないこと、ミニマルライフやオーガニックを好むことが「知的」だと見なされていたのに、最近では「バカの象徴」にもなったというのだ。結論は「流行るってどこまでも庶民の出来事」。確かに定義上、庶民まで広がらないと流行とは言えない。...

記事全文を読む