朝ドラ「おちょやん」で異彩を放つ「宮澤エマ」 祖父・宮澤元総理とたまごっち秘話

エンタメ 芸能 2020年12月7日掲載

  • ブックマーク

 後期の朝ドラ「おちょやん」(NHK)が、2カ月遅れでようやくスタートした。11月30日の初回視聴率は18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と7作ぶりの20%割れに。さらに2日目以降は17%台と先行きを心配する声もあるが、そんな中にあって、異彩を放つのがヒロイン千代にとって最悪の継母、“ムカつく女”栗子だ。ぱっと見、濱田マリかと思ったら、第78代内閣総理大臣・宮澤喜一氏の孫・宮澤エマ(32)だった。

 ***...

記事全文を読む