「半沢直樹」監督の“パワハラ気質”で脱落者が続出 放送延期の本当の理由は…

エンタメ 週刊新潮 2020年10月1日号掲載

  • ブックマーク

ダメ出しで脚本の書き直しが

 今日ついに最終回を迎えるドラマ「半沢直樹」(TBS系)。初回から9話連続で20%台と高視聴率を獲得するお化けドラマだが、国民的な熱狂の裏で収録遅滞が慢性化し、現場は常に綱渡りの状態だったという。9月6日放送の第8話が放送延期された際、番組は「新型コロナウイルスの影響」と説明したが、本当の理由は制作スタッフ間のトラブルだったのだ。

 ***...

記事全文を読む