コロワイドの反論に反論する…のれんと監査法人の変更について

ビジネス 企業・業界 2020年7月17日掲載

  • ブックマーク

のれんの減損について

 6月25日、外食大手コロワイドは19・16%の株式を保有する定食チェーン・大戸屋ホールディングスの定時株主総会で、取締役の刷新を求める株主提案を否決された。その後の7月9日、今度はコロワイドは大戸屋に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表。株主提案を巡ってのコロワイドvs大戸屋現経営陣という対立構図がTOBに持ち越された格好だ。この間、デイリー新潮では、会計評論家・細野祐二氏による「ココロワイド、大戸屋プロキシーファイトに敗れて…前門の虎と後門の狼」という記事で、コロワイドの「のれん」と「監査法人の変更」について論評を展開。...

記事全文を読む